phoenix-powerブラック・ブレットの感想です。ラスト辺りは、あまり面白くなかったのですが、中盤までは面白かったです。

ブラック・ブレットの感想

総合評価

ラスト辺り、少し急ぎすぎている感じで、ちょっとついていけませんでした。

しかし、中盤までは、結構ハラハラさせる展開で、面白かったです。

登場するキャラも可愛いですし。

この点、個人的には、戦いよりも、もう少し日常要素が多かったほうが嬉しかったですね。

なぜブラック・ブレットに登場するキャラは可愛いのか

なぜブラック・ブレットに登場するキャラが可愛いのか。殆どの人は気づいていることなのだろうけど、今回は、割と大まじめにそれを考察していきたいと思います。

ここで言うかわいいキャラというのは、具体的には、エンジュやティナ、盲目の少女のことです。

なぜ可愛い子が可愛いのかというと、それは、ありのままの自分だから。ただそれだけのことです。

つまり、ありのままの自分を表現できている人は、魅力的ということです。

それも、ただの魅力ではありません。これがその人の最大値になります。

もちろん、この値(最大値)は人によって違います。もともと値が大きい人がいれば、小さい人もいる。しかし、自然体でいられる人というのは、自分の魅力を最大に発揮できると思うのです。

そして、魅力の最大値は、普通のレベルをはるかに上回るのです。

つまり、ポケモンで言うと、ピカチュウのレベル100は、ミュウツーのレベル50を圧倒的に上回るということです。

ちなみに、ピカチュウはそれほど強いポケモンではありません。反対に、ミュウツーは、最強のポケモンと言われています。

しかし、最強のポケモンも、デフォルトでは、ピカチュウのレベル100にはかなわない。

人というのは、歳を重ねるごとに、自然体でいることがどんどん難しくなってくると私は考えています。

やたら見た目にこだわりだしたり、自分を着飾ることばかり考えたり…。

しかし、この行為は、その人が、自分の本質から遠ざかっていくことを意味します。

そして、このアニメのキャラに関しては、エンジュとか、ティナとか、盲目少女とかのことですが、かなり自然体なんですよね。本質からそれほど離れていない。

だから、アニメを見てキャラが可愛いというのは、見た目とか、幼さとか、そういうことを言ってるのではないのですよ。

どんな状況でも自然体でいられる人物

ここで、私は割りと盲目の少女が気に入ってるわけですが、他のキャラとは大きく異なる点があります。

それは、どんな状況でも自然体でいられるということ。

例えば、エンジュは、主人公と出会ったばかりの頃は、周りに警戒し、心を閉じていたといいます。また、最初に出てきた窃盗を働いた子も自然体とは程遠い感じでした。

仮に、あなたが盲目の少女と同じ立場ならどうしていたでしょうか。

私も含め、普通の人間は、このような状況なら恥ずかしくて人前に姿すら出せないのではないでしょうか。

それ故、ひどい状況でもありのままの自分でいられるように見える子と言うのは可愛いのです。私から見ればですが。

自然体に勝る可愛さはありません。

たしかに、最大値は人それぞれです。

しかし、どんなに可愛く見せて、ごまかしても、人はその本質を隠しきれません。

隠せば隠すほど、私には不自然に見えてしまって、それが逆の印象をもたらすので、個人的には、自分がありのままでいられる環境と、その人の自然体が最大値だと考えています。

人の本質は変えられるのか

ここで、私は、どんなに自然体でも、もともとの本質がダメであれば、魅力の最大値はそれほど高くないと言っています。綺麗事を除けば、そう言ってるのです。

このことから、人の本質は変えられないのかなと考えた人もいるでしょう。

私の考えからすると、変えられないことはないけど、難しいと考えています。

しかし、異能の体験をすることで、本質を変化させる人もいる気がします。

ただし、ここでいう異能の体験というのは、死ねと言っていることと同じようなものなので、難しいのです。

そもそも人の本質というのは、Aという本質を持つものは、Bという環境ではCという結論を出す。Dという環境ならばE、というようにその人が導き出す結論、思考パターンまでをも高度予測することができるものです。

そう簡単に変化するものではありませんし、変化していいものでもありません。人の顔が変わらないのと同じです。

精神的なことが、肉体的なことよりも簡単に実現できるとは限らないからです。

人はどうしても、心の問題ならどうとでもなるだろうと考えている節があるみたいですが、割と難しいものだと私は思っています。