phoenix-powerちょっと面白い記事を見かけたので、自分も書いてみます。

良かった点

最小クラス

最小クラスのOSというのは、今日、最強クラスのOSと言い換えてもいいかもしれません。

最小構成のOSは、欲しいものを自分で持ってくるか、作るかしか選択肢はありません。

これは、一見して面倒くさそうに見えることですが、一旦、自分がほんとうに必要なアプリを把握するのはとても大切なことです。

多くのパソコンには、最初からOSが入れられていて、更には、そのOSには、自分にとって不要なアプリが山ほどインストールされているのが通常です。

不要なアプリは、セキュリティを低下させ、更には、パフォーマンスを低下させる原因でもありますので、最小クラスのOSが一番、個人にとってベストな選択なのだと思います。

何故かと言うと、人によってパソコンの用途は異なるし、好みも異なるからです。

現在では、Mac を消して Arch だけ入れています。

これは、 Mac のディスクユーティリティを使えば良いと思います。通常のディスク構成は、本体とリカバリ領域で構成されています。私の場合、この2つを消しました。

残るは、ブートローダーなのですが、これは残してあります。これを削除してしまうと、 Mac をインストールできなくなるかもしれませんし。

したがって、起動時には、白い画面が一定時間続き、 GRUB が起動するようになっています。

MacBook Air

私は、パソコンで言うと、MacBook Airの外観がとても気に入っています。

シンプルで、かつシルバー色というのがいいですね。私はシルバー色が好きなので。

さらに言えば、コンパクトなものがすごく好きで、自分にとっては、 11-inch 以外のパソコンは考えられません。

これは、頻繁に持ち運ぶからなどという現実的な理由ではなく、単なる好みの問題ですね。

コマンドライン

私は、コマンドライン(CLI)ユーザーです。すべての操作をコマンドラインという黒い画面から実行します。

確かに、 Mac にもコマンドラインがあり、通常、どのパソコンにもある程度のコマンドラインが用意されていますが、 Linux のそれとは比べ物になりません。

そして、 Linux の場合、システム設定までのすべてコマンドラインから行います。例えば、 Awesome というウィンドウマネージャーは、 Lua で記述します。

といっても、これは単に知識の問題であり、私は、 Linux コマンド寄りの知識が多いだけだったりします。

Unix コマンド、 PowerShell コマンドなどの知識が豊富な場合は、 Mac や Windows のほうがコマンドラインを快適に使いこなせるでしょう。

ただし、 Linux コマンドの知識は他のものよりも多くに精通するものであり、一部でしか精通しないであろう PowerShell よりも学習効率としては有効であるように思います。

悪かった点

面倒くさい

はっきり言って、ドライバの設定から何から何まで設定するのは面倒です。

しかし、自分のパソコンを設定するのだから、多少の面倒はしかたないですね。

個人的にはあまり苦痛ではありませんが、やはりどの OS でも、初期設定というのは疲れますね。

シール

ちなみに、 Arch のシールとかは貼ってません。シールとか貼らないタイプなので。

参考:

MacBook - ArchWiki

archLinux - Arch Linuxとパッケージシステム - Qiita

私がMacBookAirにArchLinuxを入れた10の理由 - cocu’s note

追記:

貼ってみました。