phoenix-power少食と少量について考えます。

こちらの記事が出ています。お酒、少量でもダメとか言う内容です。

http://kenko100.jp/articles/130226000949/

これについては、やっぱり、驚くべきことではないと思っています。

前にも言ったかと思いますが、私は、何も食べないほうが良いし、なにもしないほうが良い、健康によいと考えています。

で、このような考え方を基準にすると、水が一番体に良いのであって、含まれるものが多くなればなるほど、健康にあまり良くないということになります。もちろん、成分にもよりますが。

ここで、少食なら、少量ならなんでも良いという考え方もありますが、私はこの考えを否定しています。

というのも、例えば、青酸カリというものを考えてみてください。毒物です。少量でも体への害はすごいです。

また、水銀などもそうですね。少量でも知らず知らずのうちにちょっとずつ蓄積されていき、一定量を超えると、病気になります。

このようなこともあるので、私は基本的に、少食なら、少量ならなんでも良いとは考えません。

もちろん、少量であることはかなりの強みだとは思います。健康のための。

しかし、一般的な食べものであっても、内容が良くないと、少量でも健康に良くないと私は思います。

この記事は、全く何も知らない初心者が書いたものです。著者の判断能力はあらゆる面で非常に劣っているため、あまり参考になさらないでください。