phoenix-powerキーボード入力中にタッチパッドが頻繁に発動すると思ったら、手のひら検出機能が動作していなかったみたいです。

タッチパッドの設定は、通常、/etc/X11/xorg.conf.d/50-synaptics.confになります。Ctrl+Alt+BackSpaceでXを再起動することにより設定が反映されます。

/etc/X11/xorg.conf.d/50-synaptics.confLINK
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
Section "InputClass"
    Identifier "touchpad"
    Driver "synaptics"
    MatchIsTouchpad "on"
        # 一本指のタップをマウスボタン1に割り当てる
        Option "TapButton1" "1"
        Option "TapButton2" "2"
        Option "TapButton3" "3"
        Option "VertTwoFingerScroll" "on"
        Option "HorizTwoFingerScroll" "on"
        Option "CircularScrolling" "on"
        Option "EmulateTwoFingerMinZ" "100"
        Option "EmulateTwoFingerMinW" "50"
        Option "CoastingSpeed" "50"
        #Option "VertEdgeScroll" "on"
        #Option "HorizEdgeScroll" "on"
        #Option "CircScrollTrigger" "2"
        # 手のひら自動検出を有効にする
        # synclient PalmDetect=1
        Option "PalmDetect" "1"
        # synclient PalmMinWidth=10
        Option "PalmMinWidth" "10"
        # synclient PalmMinZ=200
        Option "PalmMinZ" "200"
EndSection

分からない時は、以下のコマンドを叩きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
# タッチパッドの情報を調べる
$ xinput -list

# すべてのオプションを調べる
$ man synaptics

# 現在の設定をリスト化する
$ synclient -l

# オプションを一時的に設定する
$ synclient PalmDetect=1 (手のひら検出を有効にする)
$ synclient TapButton1=1 (ボタンのイベントを設定する)
$ synclient TouchpadOff=1 (タッチパッドを無効にする)

だいぶ快適になりました。

Touchpad Synaptics (日本語) - ArchWiki