phoenix-power「ボカロPになるには」を読んで、情報をまとめてみました。

はじめに

ボカロPのPというのは、プロデューサーの略だそうです。

そして、ボカロというのは、ボーカロイドの略で、ボーカロイドとは、簡単には、コンピュータ上に存在するキャラクター(デジタルアイドル)に歌を歌わせるもので、曲自体もしくは、キャラクターを指す言葉として使われることが多いです。

ここで、ボカロPというのは、ボーカロイドで曲を作ったりする人のことを言います。

以下の記事を参考に、ボカロPになるための情報をまとめてみました。

ボカロPになるには|ニコニコ道具箱

名前を決めよう

まずは、何よりも名前を決めなくてはなりません。

私の場合、初めてボカロで声を出したのがカエルのうただったことから、カエルPにしようと思ったのですが、検索してみると、既に先客が居たので、赤鳥Pにしようかなと考えています。少し気が早いかもですが。

パソコン環境

パソコンのことはよく分かりませんが、私は、MacBook Air 11-inchを使っています。

特に不自由は感じていませんが、外部ディスプレイがあると楽かもしれません。

あと、ソフトウェアは、初音ミク V3に付属するもので今のところ十分です。

初音ミク V3には、Studio One 2Piapro Studio初音ミクの音声ライブラリが付属します。

曲を作るには、音と声を組み合わせなければなりません。

ここで、音は、Studio Oneが担当です。声は、Piapro Studio音声ライブラリで作ります。

ちなみに、音声ライブラリは、たくさんのキャラクターのものが販売されています。オススメは、 IAらしいです。

また、 UTAU というフリーのものもあります。

その他

音楽歴など

さて、書くことがなくなってきました。ちなみに、私の音楽歴0年です。音符の読み方すら分かりません。

パソコン操作のほうもイマイチ。

曲はボカロしか聞かないのですが、特別、ボカロに詳しいというわけではないと思います。

ふむ、大丈夫だろうか…。

動機など

小説に使うOP, EDとかを自分で作りたくてそれで…。

曲作りについて

初心者のかたは、私と同様、曲作りをどうやって進めていこうか迷っているかと思います。

私も迷っているのですが、方向性というか、こんな感じで進めていけばいいんじゃないかなというのがあるので、書きますね。

まず、出来上がった曲のソースコードというか音楽ファイルに変換される前の状態でコードを見てみるといいかもしれないなと思っています。

そして、ここで、いろいろな変更を加えてみて、どのように動作するのかを確かめながら、アレンジ曲を作り上げていくという方向で作業するのが良いのかなと今のところ考えています。

何度かこの作業を繰り返していくうちに、イチから作れるようになることもあるかもしれません。

ソフトの操作方法は、マニュアルや検索で十分です。

ただし、もし出来上がったアレンジを公開する場合は、公開して良いものかどうかの判断は、自らが加えた変更の比重や変更が許される性質のものかなどの事情を考慮し、独自に判断してください。

ソースコードを共有する場所とか、音声ファイルをStudio Oneのフォーマットに変換するツールとか、無いんでしょうか。

とりあえず、既存の曲を参考に、大まかな部分だけでも再現できるか、やってみるしかないか…。

ボカロPになりたい

あと、この雑誌、買うかもしれません。