phoenix-power全く役に立ちそうにありませんが、何となく作ってみました。

~/.vimrc
1
NeoBundle 'syui/airshellcomp.vim'

設定は以下の通りです。

~/.vimrc
1
2
3
4
5
"" airshellcomp.vim
nm <C-x><C-x> <Plug>(AirShellComp)

" 自動補完を有効にする
let g:airshellcomp_auto = 1

単語のカーソル下でC-x, C-xを押すと、切り替わります。

画面のちらつきが気になる場合は、以下の方法が有効だと思われます。

~/.vimrcLINK
1
2
3
4
" 処理が表示されないように <silent> でマップする
nnoremap <silent> <Plug>(hoge) :let hoge = 42<CR>
" <silent> で定義したマップを呼び出す
call feedkeys("\<Plug>(hoge)")