phoenix-powerpecoとか動きますので、嬉しいのです。

解説

容量の変更

Arch Linux on Android のイメージは、容量が少ないので、それを拡張してみます。

$ ./resize.sh

Linux
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
#!/bin/bash
img=archlinux.img
dir=/media/
size=3G

pacman -S qtemu
qemu-img resize $img $size
sudo losetup /dev/loop0 $img
sudo mount -t ext4 /dev/loop0 /mnt
sudo resize2fs /dev/loop0 $size
Mac
1
$ adb push archlinux.img /sdcard/arch
Android
1
2
3
$ su

$ sh /sdcard/arch/bootscript.sh

ちなみに、bootscript.shは、こちらのものを使用します。

使い方は、こちらの記事で紹介しています。

簡単に言うと、Arch Linuxのイメージの好きなモノをダウンロードして、それを、Androidのストレージに置き、bootscript.shを実行するという手順です。いくつかのコマンドを実行するのに、ルート化が必要であることと、/sdcard/archにファイル名をarchlinux.imgとしておく場合のスクリプトは、以下になることを紹介しておきます。

1
2
3
curl -L https://raw.githubusercontent.com/syui/arch-android/master/bootscript.sh

curl -O https://raw.githubusercontent.com/syui/arch-android/master/bootscript.sh

pecoの起動

$ ./peco.sh

Android-ArchLinux
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
#!/bin/bash

pacman -S go
if [ -x "`which go`" ]; then
  export GOPATH=$HOME/go
  export PATH=$PATH:$GOROOT/bin:$GOPATH/bin
fi

if [ ! -f $GOPATH/bin/peco ];then
    go get github.com/peco/peco/cmd/peco
fi
ls | peco

個人設定

個人的には、以下のスクリプトを起動するだけ。

Mac
1
2
3
$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/syui/dotfiles/master/android/init.sh

$ adb push init.sh /sdcard/arch
Android-ArchLinux
1
2
3
4
5
$ su

$ sh /sdcard/arch/archlinux.img

$ bash /sdcard/arch/init.sh

その他

Nexus7(2013)を買いました。すごくいいです。ルート化しました。

CF-Auto-Root-flo-razor-nexus7.zip

1
2
3
4
5
$ adb reboot-bootloader

$ chmod +x root-mac.sh

$ ./root-mac.sh