phoenix-powerこのブログは、Octopressで書かれており、Jekyllでビルドされますが、色々と互換性の問題があります。

OSについて

この前、完全にMacからArch Linuxへの移行を終えました。予定では、新しいMacBookを買う機会があれば、その時にでもついでにと考えていましたが、予定より早くなってしまいました。

今まで、Macを使ってきて、非常に良いOSだと思いますし、コマンドラインから通常の使用(ブラウジングなど)にあまり不満はなく、快適に動作していました。

しかし、個人的には、無駄なリソースを食らうアプリが多く、かつ、毎年のように新たなバージョンが登場し、互換性や変更の問題に悩まされるのは、非常に面倒な思いがしていました。これは、Linuxなら割と許容できる問題ですので、完全にLinuxへ移行しました。

ちなみに、Arch Linuxを選んだのは、個人的に使いやすいから。

使いやすいと言っても、色々な使いやすさがあり、私のOSの使い方としては、様々なデバイスにインストールして使うという感じです。Android, USB, WindowsPC, MacBookなどなど。特に、貧弱なスペックのアイテムにインストールする場合は、Arch Linuxは最適です。ほとんど、イチから環境の構築ができ、GUIを入れるかどうか、Network Toolはなににするかまで、選択肢が多いので、扱いやすいのです。もちろん、Linuxならほとんど、どのディストリビューションを使用したとしても、環境の構築は自由です。ただ、アンインストール作業の方が多くなるか、インストール作業の方が多くなるかの違いでしかありません。

私は、使用するアプリも比較的少ないので、インストール作業のほうを優先させ、Arch Linuxを選択したということです。

また、例えば、WindowsやMac, Ubuntuなど、有名どころのOSは、それに加え、不要なデーモンアプリの特定、停止などの作業が加わります。私にとっては、イチからの環境構築よりも、むしろそちらの方が面倒なのです。

Octopress

現在では、Octopress 3.0が登場しています。これは、jekyll 2.xを使用するため、完全に今までの Octopress とは異なった使い方になります。

そして、私が使用するのは、jekyll 0.xを使う初期型。

Arch Linuxへの移行を考えた時、まず嫌な予感しかしなかったのが、Octopressで作っているこのブログのことです。ビルドできるだろうか。いや、Rubyを使っているので、多分、大丈夫だろう。しかし、…。

通常、プログラミング言語の利点は、OS互換を備えていることにあると私は考えています。例えば、Rubyで書かれたものは、RubyがあればどのOS上でも動く、ということですね。

しかも、Octopressの場合は、Gemfileが用意されており、バージョン対策はなされています。

でも、やっぱり無理だった。様々な問題をクリアし、エラーを取り除いて最後に出てきたのは、jekyllのOSに関連するエラー。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
$ rvm use 1.9.3

$ gem i bundler

$ ls
Gemfile

$ bundle

$ rake gen
error:jeylll 0x0000000

これは、修正が不可能ですし、できるとしても、やる意味もないでしょう。新しいブログを作り直した方が良いし、その時には、Octopressは選ばないでしょう。

このブログの今後

ということで、このブログは、パソコンに直接インストールしているMacがないため、VirtualBox上で走らせたMacで書いていますし、ビルドすることになります。

Octopressは、プラグインが豊富ですし、割と満足して使っていたというか、結構時間かけて設定しただけあって、移行しようか、どうしようかなあという感じです。

ただ、移行するにしても、このブログは、サブドメイン、例えば、syui.github.io/octopressにでもアップロードして、メインであるsyui.github.ioは、違うものを置くと思います。

ただ、この場合も、URLの変更に伴って、設定を変更しなければならず、無事、ビルドが通るのかどうか…。多分、大丈夫だと思いますが。

そんな感じで、この記事を、syui.github.iomasterリポジトリにdeployテスト。