phoenix-powerArch Linuxを扱えれば、OSのインストールについても、ほぼ自由自在という話です。

Arch Linux自体は、非常にシンプルな作りになっており、それはほぼLinuxカーネルをOSとして扱えるようにした最小限のOSという感じのものです。

ただし、Gentooと違い、Linuxで最低限によく使われるアプリは、ビルドしたものがパッケージ化され公開されています。これは、pacmanを使ってインストールできるものを指します。ビルドしてインスールするものに関しては、非公式AURとして配布されているものを使えるようになっています。

基本的にカスタマイズされないArch Linuxは、以下のコマンドで実現されるものをいいます。

1
$ pacman -S base

しかし、これでは起動と終了, bashまたはshで操作するくらいのことしかできません。

したがって、通常は、UNIXコマンド各種、最低限のものをパッケージ化しまとめたbase-develを同時にインストールするのが定例です。

1
$ pacman -S base base-devel

この状態が一般的に言われるArch Linuxです。

実は、インストーラー用に配布されているArch Linuxのイメージのほうがたくさんのアプリがインストールされており、ブートローダーとしても様々なデバイスに対応するために色々入っています。デフォルトシェルがzshvimも入ってます。実はインストーラーにはいってるこれらは、インストールされません。

どうでもいい話をしてしまいましたが、Arch Linuxのインストーラーさえあれば、基本的に自由にオリジナルのLinuxをインストールできたりします。

公式のArch Linuxのインストーラーの使い方は、以下のようにしてデバイス、USBなどにインスールして、パソコンに挿して起動します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
#download
repo_url="http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/archlinux/iso/latest"
curl -Ls ${repo_url}/md5sums.txt | grep 'dual.iso' | read md5 filename
curl -LO ${repo_url}/${filename}
#checksum
if [ "${md5}" = "$(md5sum ${filename})" ]; then
  echo ok
fi
#install
dd bs=1 if=${filename} of=/dev/sdx

オリジナルのインストーラーも簡単に作成できます。

1
2
3
4
5
6
7
$ pacman -S archiso

$ profile=releng
$ cp -r /usr/share/archiso/configs/$profile ~/archlive

$ cd ~/archlive
$ ./build.sh -v

https://wiki.archlinux.org/index.php/Archiso

オリジナルのイメージを作成しておき、それをディスクに置き換えるだけにしておくとすごく楽です。もちろん、このコマンドを実行するためにはArch Linuxが入ったUSBなどが便利です。

1
2
3
4
$ fdisk -l
sdx

$ dd bs=1 if=archlinux-origin.iso of=/dev/sdx