phoenix-powerMMMで簡単な動画を作ってみたので、MMMの基本的な使い方を紹介します。

MikuMikuMoving

必要なもの

手順

はじめに、モデルとステージをモデル読み込みから読み込みます。次に、モデルがステージと重なって表示されているので、下のほうでモデルを選択し、編集 -> センターバイアスからモデルのZ軸を少しだけ前に移動させます。

次に、ファイル -> モーション読み込みを実行。こねこのLat式です。

次に、同じようにエフェクト読み込みを行い、様々なエフェクトを読み込みます。そして、ついでにエフェクト割当で、Defaultを変更します。

最後に、このままでは髪の毛が表示されたり、消えたりしてしまいますので、物理演算 -> 再生時のみ演算を選択します。

だいぶそれっぽくなってきました。あとは、カメラワークです。

下のビデオカメラアイコンをクリックし、タイムラインにカメラを追加します。

そして、動画を再生しながら、カメラを動かしたいポイントで停止し、画面左にあるタイムラインにて、カメラワーク、位置を登録していきましょう。

具体的には、画面下のチェックアイコンから登録できます。ここでは、簡単に、画面右下にあるアイコンにて、カメラの定形位置を変化させていくことにします。つまり、カメラ位置アイコン(顔マーク)のクリック、タイムラインでチェック(チェックアイコンは画面下、チェックが入るのはタイムライン上になります)、再生、停止、顔アイコンのクリック、タイムラインのチェック、再生という手順の繰り返しになります。

音楽は、下の音楽プラスアイコンから任意のタイムライン位置で追加できます。

これで概ね動画の完成です。

感想

初サンプル動画を作成してみましたが、MMM使いやすい感じします。MMDすらほとんど使ったことなかったけど…。

そういえば、パンツが見えまくる気がするのだけど、これ、どうにかならないのか…。モーションが原因かな。それともステージの物理演算とか。

もしくは、MMDというのはそういうものなのだろうか。結構見えるのが普通とか。初音ミクは、音楽のみ聴いてただけで、動画全然見てこなかったので、実は、あまり知らなかったりする。