phoenix-powerWerckerでGitHubのMaster以外のブランチをBuildして、MasterにDeployする方法

最初は、BitbucketのPrivate RepoからGitHubにDeployしていたのですが、共有のRepositoryを使っている場合は、Branchを利用したほうがやりやすいので。

HugoのWercker用のDeployにScriptがあるんですが、何かとできないこと多いので、以下の様な感じになってます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
box: wercker/default
build:
    steps:
        - arjen/hugo-build:
                version: "0.14"
                theme: hugo-icarus-theme
deploy:
    steps:
    - script:
        name: Get commit message
        code: |
          export COMMIT_MSG=$(git log --pretty=format:"%s" -1)
    - script:
        name: Configure git
        code: |-
          git config --global user.email "${MAIL_ADDRESS}"
          git config --global user.name "syui"
          rm -rf .git
    - script:
        name: Deploy to github pages
        code: |-
          cd ./public
          git init
          git add .
          git commit -m "${COMMIT_MSG}"
          git push -f https://${GITHUB_TOKEN}@github.com/archlinuxjp/archlinuxjp.github.io.git master

以下を追加すると、Slackに通知されます。

1
2
3
4
    after-steps:
    - wantedly/pretty-slack-notify:
          webhook_url: $SLACK_WEBHOOK_URL
          channel: general

環境変数は、Privateを設定する感じでWerckerの設定で作成します。

で、この際に、WERCKER_GIT_BRANCHにBranch名を入れます。デフォルトでは、masterが設定されています。