phoenix-powerSpriteStudioの基本的な使い方

まず、こちらにサンプルが用意されていると思います。それを読み込んで動作を確認してみても良いし、イチから作ってみても良いです。

私の場合、イラストから作成し、アニメーションを付けてみました。

使い方は、画像ファイルを読み込んで、一つ一つのパーツに時間軸のアニメーションを付けていきます。この際、プラグインを使っても構いません。

アニメーションの付け方ですが、パーツをダブルクリックすると重心を設定できます。重心は基本的に胸や腰の方向に向けて設定すると良いでしょう。

また、アニメーションを付ける際には、ツールバーの下記にマーク(的?のマーク)されたものを使うと設定しやすいです。