phoenix-powerWerckerが色々と変わってたので対応しました。そういえば、このブログなどはWercker(Classic)を使用していたので、それをDokcerに変更して使うことになります。

wercker.yml
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
box: ruby

build:
  steps:
   - bundle-install
   - script:
       name: build with middleman
       code: bundle exec middleman build --verbose
deploy:
  steps:
    - install-packages:
        packages: git ssh-client
    - lukevivier/gh-pages:
        token: $GITHUB_TOKEN
        basedir: build

大体はこんな感じでやればいいですが、注意点としてはフローのbuild(デフォルトで設定されている)でIgnore Branchを設定(例えば、gh-pagesなど)しておかないとフローが終わった後にも他のブランチでDeploy(自分で作るフロー)を回してしまうため、例えば、リポジトリにbranch:gh-pagesがあったとして、通常はmaster -> gh-pagesのフローになりますが、gh-pagesにはwercker.ymlを置くことがないのでno wercker.yml foundと言われてしまいます。

Octopressの場合は以下。

wercker.yml
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
box: ruby:1.9.3

build:
  steps:
   - bundle-install
   - script:
       name: build with octopress
       code: |
             bundle exec rake generate 
deploy:
    steps:
    - install-packages:
        packages: git ssh-client
    - lukevivier/gh-pages:
        token: $GITHUB_TOKEN
        repo: syui/syui.github.io
        branch: master
        basedir: public